ビーグレン 美白

ハイドロキノンの効果、副作用

 

ビーグレンホワイトケア

 

ビーグレンは浸透テクノロジーの第一人者、ブライアン・ケラー氏が開発したスキンケア化粧品です。
ハイドロキノン配合のクリームやビタミンCセラムなどのラインナップがあります。

 

ハイドロキノンで今あるシミを薄くする

ビーグレンのホワイトクリームには1.9%のハイドロキノンを配合。今あるシミに働きかけて薄くする働きを発揮します。
またビーグレンはキューソームという独自の浸透テクノロジーで角質の奥までしっかり浸透。その結果、シミをつくるメラノサイトにしっかり届いて長時間はたらきかけます。その他にも紫外線によって発生しる活性酸素を抑制する乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液や保湿作用のある植物エキスをたっぷり配合しています。

 

 

ビタミンC、アルブチンでシミ予防

化粧水にはビタミンC誘導体を配合。コラーゲン合成、抗酸化、シミ予防の働きで肌の老化を予防。美容液にはシミの元になるチロシナーゼ酵素の働きを阻害するアルブチンを配合。ビーグレンの浸透テクノロジーで角質の奥までしっかり浸透します。ヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸といった保湿成分も配合し、肌にうるおいを補給します。

 

 

エイジングクリームでターンオーバー促進

ビーグレンのリッチクリームみはオリゴペプチド、アセチルテトラペプチドを配合。ペプチドには表皮の下にある基底層の細胞を活性化する働きがあります。基底層の細胞が分裂することで表皮のターンオーバーがすすみ、メラニン色素を排出します。また肌表面をカバーするスクワランや保湿作用のあるコラーゲン、ヒアルロン酸なども配合。紫外線やアレルゲンなどの外部刺激をブロックしながら、ターンオーバーを活性化することでシミや毛穴づまりを抑制します。

 

 

ビーグレン ホワイトケアの体験談

 

ビーグレン美白化粧水

 

ビーグレンの化粧水は少しとろみのあるテクスチャーです。ベタつきはなく、しっかり浸透します。化粧水に含まれているタミンCにはシミの原因となるチロシナーゼ酵素の働きを抑制。さらに、紫外線によって発生する活性酸素を阻害します。これらの働きはシミの予防に有効なだけでなく、コラーゲン合成や皮脂分泌を整える作用などもあります。セラミドに類似したラウロイルグルタミン酸ジ、コラーゲンなどの保湿成分もたっぷり。

 

ビーグレンホワイトクリーム

 

ハイドロキノンを配合した美白クリーム。シミが気になる場所にスポット的に使用します。ハイドロキノンは熱、光によって酸化しやすいため、夜だけ使用します。ビーグレン独自の浸透技術(QuSomeテクノロジー)でハイドロキノンを角質層の奥までしっかり浸透させます。すこしこってりしたテクスチャーですが、ベタつきなく浸透します。ハイドロキノンだけでなく、保湿作用のあるスクワランやシミを改善するオリゴペプチド68(Bホワイト)なども含まれています。

 

ビーグレンリッチクリーム

 

ビーグレンのエイジングクリームは少しコクのあるテクスチャーですが、しっかりと肌になじんで浸透します。肌のハリ、弾力をもたらす細胞を活性化するオリゴペプチド6をはじめ、コラーゲンの合成をサポートするアセチルテトラペプチド2、新陳代謝を活性化するポリアミンなどの細胞を活性化する成分を配合。肌のハリ、弾力をはじめ、しわやたるみの合成をサポート。

 

page top